リタイアからの冒険、ときに暴走

      ☆☆☆☆☆ リタイアを念頭にあれこれ ☆☆☆☆☆

ポストコロナ (直)後の株価

ノーファイトです。

 

 

コロナのワクチンが、少しずつ使われるようになりました。いよいよ人類が集団免疫を獲得することが視野に入ってきました。

 

その先、投資の世界はどうなるんでしょう? 素人の私があれこれ考えても仕方がないのはわかっていますが、ちょっとは考えておきたいです。

コロナ後の世界

まず、斥候に出ているアメリカ株のファイザーはジリジリ下がっています。織り込み済みということなんだと思います。つまり、ワクチンが使われるようになるということは、ワクチンを期待して上がってきた銘柄は、下がるということかなと思っています。

このことはコロナ後を期待して上がってきた銘柄はすべて下降の可能性があることを示唆しているように思えます。

 

同じく斥候に出ているアメリカ株のマクドナルド、ジリジリと下げてきましたが、現在、やや上昇傾向にあります。外食産業がコロナ後を織り込み始めたということなのでしょうか? ワクチンを作る会社とは異なり、外食産業はこれからコロナ後を期待して上がっていくということなんでしょうか?

 

以上は、アメリカ株です。

 

日本に目を転じますと、外食産業や旅行業界はかなり厳しいです。コロナの感染(正確にはPCR陽性者)の増大とGOTOの停止が効いているのでしょうね。それまでは、これらの銘柄は少づつ値を戻していましたから。

私は、GOTOで旅行業界が少し元気になったと思い、ANAを買いもどしましたが、いまや大きな含み損を抱えています。

外食産業もかなり大変です。含み損はかなりあります。

 

nofight.hatenablog.com 

金融緩和

他方で、アメリカも日本も、お金を刷りまくっています。仕方ないですよね。なので、私はインフレを意識するようになっています。

ただ、今日、日本の消費者物価指数がマイナスになっているというニュースも見ました。インフレ対策のための投資は少し先延ばししてのかも、しれません。

 

余ったお金はどこに向かうんでしょうね?

 

方向感覚

という次第で、現在、方向感覚がありません。株主優待狙いの株の購入、年内は控えることにしました。

 

とはいえ、何もしないと感度がなくなりそうなので、各方面に小さく、様子を見ながら、斥候は出そうと思います(常に小さいですが^^)。

 

そして投資信託は、鉄板の方針「何も考えない」で行こうと思います。「下手な考え休むに似たり」、中長期はこれがいかなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 ちょびリッチの登録はここから サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ハピタスの登録はここかから その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ゲットマネーーの登録はここから お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!